進路指導

「学びの継続性」を重視する本校は、生徒一人ひとりが受験へのモチベーションを最後まで維持できるよう入学時から随時きめ細かな進学指導を行っています。たとえば模擬試験の結果をコンピュータ分析しながらの二者面談や三者面談などでは、精度の高い指導を可能にしています。

方針

市原中央高校では、大学入試に向けた進学指導はもちろんのこと、卒業後に生徒一人ひとりが、人生の進路選択を自分の力で進めていくことができるような、生きる力の養成にも力を入れています。

本校には充実した進路指導室があり、そこにはインターネット、書籍とパンフレットによるあらゆる大学案内などがあり、進路選択に必要な資料がすべて整っています。この場所を利用して、入学直後から卒業まで計画的に進路指導を進めています。

 

第1学年
  • 学習の習慣を身につける指導と同時に、興味関心・適性・将来就きたい職業などの視点から自分を見つめ直し、悔いのない文理選択に導きます。
  • 進路ガイダンスを実施し、生徒に必要な情報を提供します。
  • 各時期にアドバイスを与え、外部講師による「学部学科説明会」を実施します。
  • 年3回の模擬試験を実施し、各生徒の成績状況をコンピュータにて分析し、三者面談、二者面談を実施します。
第2学年
  • 模擬試験の結果や学問分野の絞り込みに基づいて、学部学科や大学に関してより詳しい情報を収集、整理し、生徒自身のものの考え方をさらに深化させます。また、その時点における志望校を決定し、目標を持った受験勉強を2年生後半から開始します。
  • 進路ガイダンスを実施し、生徒に必要な情報を提供します。
  • 各時期にアドバイスを与え、外部講師による「学部学科説明会」を実施します。
  • 年4回の模擬試験を実施し、各生徒の成績状況をコンピュータにて分析し、三者面談、二者面談を実施します。
第3学年
  • 年6回の模擬試験を校内で実施し、引き続き生徒一人ひとりの成績状況を分析すると共に、進路ガイダンスや「進学講演会」を実施することで、いち早く入試情報を提供し、志望校合格のための具体的なアドバイスをしています。
  • 学科試験以外の試験形態に対応するために、面接指導や小論文指導、推薦入試対策指導を行い、多様な入試形態にも対応できる体制を整えています。
  • 各生徒の成績状況をコンピュータにて分析し、個別面談に役立てています。

進学実績を支える豊富な進学指導行事

  前期 後期
第1学年
【ライフプラン】
興味関心の探究と
文理選択

夢ナビプログラム(フロムページ)
能率手帳活用術
進研模試
スタディサポート(ベネッセ)
二者面談
オープンキャンパス参加
夏季セミナー

学部学科ガイダンス(大学講師)
進学ガイダンス
進研模試
三者面談・二者面談

第2学年
【キャリアプラン】
学部学科研究と
志望校選定

進研模試
スタディサポート(ベネッセ)
二者面談
オープンキャンパス参加
夏季セミナー

学部学科ガイダンス(大学講師)
進学ガイダンス
進研模試
三者面談・二者面談

第3学年
【サクセスプラン】
受験校決定と
目標の実現

進学ガイダンス
進研模試・河合塾模試
スタディサポート(ベネッセ)
二者面談
夏季セミナー
大学入学共通試験出願指導

第2回進学ガイダンス
大学別入試説明会[生徒対象](大学講師)
河合塾模試
会場受験模試
三者面談・二者面談
大学入学共通試験自己採点
入試出願指導