校長室から

曇り 嬉しい知らせ

ほぼ毎日・校長 No.189 「何を語ったのか?」

本文の内容と写真は無関係です。

 自宅に着いた私に「何お話をしたの?」と奥さんが聴く。(最初から私ごとで恐縮だが、この嬉しいことの発端はそこからだから仕方ない)友人からLINEが来て、その友人の友人の娘さんが帰ってくるなり、「校長先生の話、よかったぁ」とお母さんに話したそうである。「奥さんだったらどんな話かご存知かと思って」彼女の友人のLINEはそこで終わっている。嬉しかった。素直に嬉しかった。
 この嬉しさは幾つかの層でできている。嬉しさのミルフィーユのようなものである。
1層:話を感動した、よかったと言ってもらった喜び。嬉しい。
2層:話をちゃんと聞いてくれていた喜び。(放送での講話だったのに)
3層:家に帰って家族との会話がある喜び。
4層:娘の感動を、友人に伝えたいと思った母の気持ちの嬉しさ。
5層:きっと嬉しく思うだろうとLINEを送ってくれた妻の友人の気持ち。
6層:ぐるーりめぐって人が繋がっている喜び。
 コロナはソーシャルディズタンスを強要し、人と人を引き離そうとするが、そうあればそうあるほど、人どおしの繋がりがねければ、人間って弱い。絶対不可欠なもの人間の交わり。それを教えてくれた気がする。
 「嬉しいね」なんて思いながら、スーパーに買い物に言ったら、「先生ー」と明るい声で、今年大学を卒業する教え子に出会った。「嬉しいね」が「嬉しいね」を呼んできたみたいだ。
 最初のきっかけをくれた、在校生の君。ありがとう。

 

曇り 修学旅行 最終日 その3(最終回)

ほぼ毎日・校長 Vol.188 令和2年11月25日(水)

 京都駅近くのホテルで昼食を済ませ、新幹線のホームを目指します。いよいよ修学旅行も終わりです。「あと2〜3日欲しいなぁ」と後ろ髪を惹かれる思いで集合場所に向かいます。人は旅に出ると良きもあしきも「本性」を表すと言いますが、この旅では、本校生徒の「良さ」「素晴らしさ」をしっかりと見せてもらえた気がします。

晴れのち曇り 修学旅行 最終日 その2

ほぼ毎日・校長 Vol.187 令和2年11月25日(水)

 今日はどんより曇り空。退館式で生徒会長の挨拶があった。いい挨拶だった。こんな楽しい思い出づくりを支えてくださった聖護院御殿荘の皆さんに感謝しています。宿の前で記念撮影をしてバスで、最後の観光地、清水寺へ。ほんの1時間30分ほどの滞在であるが、それぞれに楽しんでいる。清水から産寧坂、円山公園、知恩院、八坂神社このあたりは思い出深いところ。高校生時代に唯一朝まで外出を許された日(大晦日)、除夜の鐘を聴きながら、ふらりとした場所。生徒たちがお参りを終え、土産物あさりに入った頃、独りでふらりと歩いてみると、高校時代の思いがリアルに蘇る。遠に忘れた感慨が鮮明に・・・。音楽を聞いてそのころの雰囲気をふと懐かしむのと同じように、古都にはそんな力があるのかもしれない。視覚に訴える寺社、嗅覚に訴えるお香、床板の軋む音は聴覚に。「そうだ、京都行こう」のコピーが人の心を掴んで止まないのは、こうした古都の力があるのかもしれない。修学旅行で感じ取るのは難しいかもしれない。でもうちの生徒たちなら「ならでは」をしっかり掴んでくれているはずである。まもなく京都を離れる。無事であってくれてありがとう。生徒たちに感謝したい。

晴れ 修学旅行 最終日

ほぼ毎日・校長 V0l.186  令和2年11月25日(水)


 楽しい時間は早く過ぎる。廊下ですれ違った生徒が明るく元気な挨拶をしてくれた。「どう?楽しかった?」と語りかけると、「本当に楽しかったです。ありがとうございます」本校の生徒の素晴らしいところは、「・・・ありがとうございます」という感謝の念を持ってくるところである。「えぇ、楽しかったです」だけでも、こちらは嬉しいのだが「ありがとうございます(お陰様で)(先生たちが面倒を見てくださった)」という気持ちが伝わってくると、なお嬉しいしやりがいがある。いい生徒たちに恵まれている。こうしたお子様を育てていらっしゃる庭訓に敬意と感謝。
 今、館内放送が入りました。「発送する荷物をトラックのところまで・・・」その後がまた素晴らしかった。「全てが、皆さんのおかげで順調に進んでいます。時間を20分切り上げます。(最終日の見学、土産物購入時間を少しでもたくさんとりましょう任)」By学年主
 いい瞬間(とき)過ごしています、市原中央高等学校。

晴れ 修学旅行 第三日目 その2

ほぼ毎日・校長 Vol.185 令和2年11月24日(火)

 最後の夜の最終打ち合わせを終わってからこのブログを書いています。体調不良ゼロ、発熱ゼロ、保健室利用ゼロ。同行くださった看護師さんから「いい生徒さんたちですね。限度を心得て・・・」とお褒めの言葉をいただいた。その通りだと思う。学年の先生方の団結した力だと思う。最後の打ち合わせの後、学年担任団から学年部長に「これまでありがとう、これからもよろしく」の気持ちをこめたセレモニーがあった。いい学年だと思います、心から。ぐるり廊下をひとまわりしてきましたが、部屋からは物音一つ聞こえません。生徒たちは、いい睡眠の瞬間(とき)を送っているのでしょう。もうすぐこの旅も終わりを迎えます。東京駅解散後は、寄り道せずに帰宅するよう指導しますので、ご家庭でもご承知おきください。

晴れ 修学旅行 第三日目 

ほぼ毎日・校長 Vol.184 令和2年11月24日(火)
 今日はUSJのグループに同行しています。入場したはいいけれど、しばらく経つとどこへいったのやら?お目当てのアトラクションに一目散なのでしょうか、見当たりませんうちの生徒、と思っていると、通りの向こうからミニオンの被り物を被った一団を発見。男子の一行でした。みんなでおそろいに決め込んだんだね。『アトラクションの一つは』と思いながら歩いていると、13:00開催のヲーターワールドが目に入った。そのすぐそばにジュラシックパーク。55分待ち。効果的に時間を使おう。ジュラシックパークに挑戦。水濡れ注意・『どうせ後ろの方なら、かかりはしないだろう』決め込んで列に並んで順番を待つと、なんと(アン)ラッキーなことに一番前の センター。あらら、ずぶ濡れで降りる時、係の方から申し訳なさそうに「水がかかります・・・」一緒に乗っていた南米から来たというカプルが気の毒そうに、ハンカチを出して拭いてくれた。国際交流。

晴れ 修学旅行 第二日目 その3

ほぼ毎日・校長 Vol.184 令和2年11月23日(祝日)

  ロビーで待っていると続々と生徒たちが帰ってくる。「ただいまぁー」「楽しかったです」明るく元気である。何より。宿に入る前に非接触型体温計で検温。全員異常なし。ホッとして彼女たちの日頃と違う雰囲気に気づいた。私にそれを感じさせたのは、髪型である。『そうかぁ、和服に着替えて京の街を楽しんだんだ』「写真撮っていたら見せてください」とお願いすると、何枚かの素敵な写真を見せてくれた。早速AirDropでいただいて、使わさせていただくこととした。鬼滅の刃の影響だろうか、大正ロマン、大正デモクラシーを感じさせる柄の着物に身を包んだ生徒が写っている。『これ本当に君たちかい?』と生徒たちに目をやり、『狐につままれたみたいだ』と思うと、「先生、ただいま」と声がする。振り返ると、顎の下に両手を揃え、マスクをした狐が一尾立っていた。「ははは、すごいね。かわいいね」とかまっていると、みるみるうちに四尾の狐に増殖した。明るく元気にいい瞬間(とき)を過ごしています。
 本日の夕飯は、すき焼きです。

晴れ 修学旅行 第二日目 その2

ほぼ毎日・校長 Vol.183 令和2年11月23日(祝日)

 古都の紅葉のお裾分け。生徒たちはこんな紅葉に包まれて、秋晴れの1日を過ごしています。
 修学旅行出発の前日、ある保護者の方と連絡をとる機会があった。話によると、この修学旅行に参加するお子さんを残して、家族が外出することになってしまったという。「えぇ?独りで東京駅集合に向けて起きて、身支度を整えて・・・ですか」すごいなぁ。生徒のことをよく知っている。確かにしかりした生徒であるが、状況を考えても「強い信頼」が伺えて、やはり「すごいなぁ」なのである。修学旅行外伝である。お母さん、今日も元気に友人と出かけていきましたよ。ご報告。

晴れ 修学旅行 第二日目 

ほぼ毎日・校長 Vol.182 令和2年11月23日(祝日)
 修学旅行2日目は、全体が2つに別れます。京都市内を班別に散策するグループとUSJに向かうグループ。明日はその逆になる。一斉に動かすことの難しい状況の中の工夫である。ありがたいのは、全クラスを通じて、深刻な疲労や発熱、風邪様症状を訴え生徒が一人もいないこと。写真でお分かりいただけるように、秋晴れの空の下、元気いっぱいにに出かけていきました。報道発表では、渡月橋あたりは昨年の同時期の4倍の人手だったということです。今日はそれほどではないと思いますが・・・。私は本部付でお留守番。班別のグループでは、体験学習もたくさん計画されているようです。いい瞬間(とき)を満喫してきてください。

晴れのち曇り 修学旅行 第一日目 その3

ほぼ毎日・校長 Vol.181 令和2年11月22日(日)


一足先に宿に帰って待っていると、日程を終えた生徒たちが続々と帰ってきた。まだ初日、元気いっぱいである。ロビーに置いてある荷物をそれぞれが部屋に持ち込み、着替えを済ませると待ちに待った夕飯。ディスタンスをしっかりとって、同じ方向を向いてみんなで食事。豪勢な御膳に舌鼓を打っていた。「静かに騒がず食事ね」という注意をしていたが、食べている間は無用であったようだ。美味しさは人を黙らせる。男子のある部屋から坊主頭がのぞいている。「どうした?」「あのぉ、おかわり」食べ盛りである。何杯も何杯もおかわりをしている。係の人が持ってきてくださった、結構大きな炊飯器が、あっという間に空になった。
 体調不良の者もなく、スムーズに1日が終わろうとしている。これを書いている最中も、廊下で大きなはしゃぎ声が聞こえる。寝不足にならないでよ。お願いだから。